賀正

あけましておめでとうございます。
今年は酉年ですね。
というわけでマックス・エルンストの鳥人間を載せてみました。
鳥はエルンストにとって最も重要な主題でした。
エルンストは自作の年賦に次のように幼い頃の体験を記しています。

親友の一人であり、とても頭がよくて優しい桃色インコが、一月五日の夜に死んだ。朝、その死骸を発見したとき、ちょうど父親が、娘のロニの誕生したことを知らせてきたので、マックスはおそろしいショックを受けた。少年の惑乱はすこぶる大きく、気絶してしまったほどだった。想像の中で二つの出来事が結びつき、鳥の生命は赤ん坊にうばわれたかのように思えたのである。謎めいた熱狂、ヒステリーの発作、昂奮と銷沈がひとしきり続いた。鳥と人間との危うい混同が心の中に形成され、デッサンや絵の中にもあらわれるようになった


b0041761_1941171.jpg


今朝テレビでやっていた、星座と干支と血液型の総合占いによると、私は今年576中567番という運勢でした。まいったねこりゃ。
では今年もよろしくお願いします。
[PR]
by jaro050 | 2005-01-01 19:04
<< 歴史と批評の関係 坂道の美学 >>