中間管理職の海神

机に向かって計算をしている人物が一人。
彼はそれほどむいているとも思われないこの仕事を
これまで勤勉に続けてきた。
他の仕事も探してはみたけれど、
今の職務以上の魅力を感じることはなかったので、
とりたてて転職する気もないようだ。

席を立つときといえば、
オリンポス山の本社にいる上司ジュピターのところへ、
仕事の報告をしに行くときぐらいだ。
だが困ったことにこの上司の小言が我慢ならない。
帰り道はきまって虫の居所が悪い。

とまあこんな調子なので、
自分の営業所の視察などしたことがない。
社員も自分たちのボスがめったに顔を出さないために
勝手なイメージを作り上げて噂をする始末。

彼は視察を定年するときまでとっておくとか。
そのときはこの営業所も整理の対象になっているし、
社員のいなくなった営業所はさぞ静かであろう、と――


カフカの寓話「ポセイドン」はこんなお話です。
終末論的な上司とは一緒に仕事をするのもいやだなぁ

今日は私がバイトをしている出版部の
定年歓送会がありました。
今年辞められる部長は、このポセイドンとは違って
少々ぶっきら棒な立ち振る舞いでしたが、
気さくで話しやすい方でした。
お疲れ様です。
[PR]
by jaro050 | 2005-03-16 22:38
<< 樹海の中で 歯痛的経済水域 >>