チェルシーホテル

チェルシーホテルはアーティストのたまり場として名高い。
3月末に、わずか4日間だがNYに滞在したけれど、
残念ながらこのホテルには予約がいっぱいで泊まれなかった。
とりあえず知り合いが泊まっていたので写真だけでも撮ってきた。

b0041761_2155293.jpg


受付のおじさんは気さくで、泊まる気のない私に親切に色々
案内してくれた。そんな観光客も多いのだろう。

b0041761_2155442.jpg


アンディ・ウォーホルが『チェルシー・ガールズ』を撮り、
ウィリアム・バロウズが『裸のランチ』を、
アーサー・C・クラークが『2001年宇宙の旅』を書き、
ボブ・ディランが『Sad eyed lady of the lowlands』を作曲した、そんな場所。

今でも、各部屋に続く通路にはアーティストの卵の
絵画がいたるところに掛けられている。
b0041761_21555323.jpg


しかし開業100年を迎えるというこのホテルの部屋は、
映画で感じたよりもなお狭く、
古ぼけた安モーテルのような感じだった。
[PR]
by jaro050 | 2005-04-17 22:10 | 雑記
<< エイヤ=リーサ・アハティラ ―... 樹海の中で >>