『国宝 紅白梅図屏風』の技術

今日仕事中に、トーハン週報の少し前の号を処理しようと思ってぱらぱらとめくっていると、『国宝 紅白梅図屏風』の画集が中央公論美術出版から刊行されたという記事を発見。25000円と高価ですが、なかなか力が入っているようで見出しになってました。

b0041761_2334696.jpg


あーそういえば出るとか言ってたなー、と内容を読んでみると、「8800万画素の最新デジタル撮影」と書いてありました。8800万!?ちょっと大きすぎやしないか?デジタル撮影の技術って今どこまでが限界なんだろー、とふと疑問に思った。

あとで確認してみると、どうやら誤植のよう。2200万画素なんだそうです。でもこんどはその数字がすごいのかどうかが疑わしくなってきた。普通のカラー写真の場合、画素数に換算すると2400万画素っていう話を聞いたことがある。え?じゃあ銀塩のほうがいいんじゃないの?

そう簡単には言えないんだろうが、単純に数字だけ見ると銀塩が勝っているように思える。どうなんだろう。というわけで他の要素も見てみることに。


本書の特色
1.最新高精細デジタル撮影によるオールカラー写真集
2200万画素のデジタルカメラを使い紅白梅図屏風を分割撮影。
1cm角のものを1mにまで引き延ばされる精密さで、表面の粒子の様子まで分かる超拡大図を300線という従来の線数(175線)の約2倍の高精細印刷により再現。
国宝紅白梅図が手に取るように眼前に現れます。


…どちらかというと印刷技術の方が重要な気がしてくる。よくあることだけど、性能のいいパソコンでいい画像を処理しても、プリンタが悪けりゃ元も子もない。というわけでこの本は印刷に注目する、つまり本そのものを楽しんでください、が正解なんでしょうね。
[PR]
by jaro050 | 2005-06-15 02:32
<< ベンヤミン敷居をまたぐ。 ネットラジオ >>