マティス展

b0041761_22475323.jpg昨日マティス展に行ってきました。詳しくは後で書こうと思いますが、切り絵や制作過程の写真を見ると、いかにマティスがフォルムにこだわって制作していたのかが分かります。知り合いの方が言っていたように、たしかに近年まれにみる意欲的な展覧会だと感じました。四つ並んだ巨大な彫刻もよかったなぁ。特に秀逸なのが展覧会カタログ。非常に詳細で、このカタログを読んだ後にもう一度展覧会に行ってみたくなりました。さてそんな暇があるかどうか微妙なところですが、フォルムに対するマチエール(画肌)の問題はどのように捉えられていたのかが知りたいところです。
[PR]
by jaro050 | 2004-10-11 22:54 | 展覧会報
<< エンバンクメントのスフィンクス デリダ訃報 >>