<   2004年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

坂道の美学

b0041761_2022461.jpg

一月前だったか、「笑っていいとも」の「ニックネームを当てろ」のコーナーに真鍋かおりが出演した折りに、「この坂道はねぇ、とかうんちくを語っている人とはデートしたくない」とある人物をほのめかした。それを聞いたタモリがなんとも気まずい表情をしていたのを覚えている。タモリは少し前にその「坂道」に関する本を出したばかりだったのだ。

坂道に興味を持つ人は一般に変わり者扱いされるのかもしれないが(彼はそれを「フールオンザヒル」と呼ぶ)、トリビアが高視聴率を博している中で、誰も気がつかないような事柄に興味を持つのは今「ブーム」になっている。タモリはトリビアの名誉会長、つまりその道のプロなのだ。

『タモリのTOKYO坂道美学入門』。意外と近所に在庫がなく、渋谷に行った折に店員に探してもらってようやく購入することができた。ぱらぱらとめくると東京を紹介したガイドブックとそれほど変わりがないように感じられるが、他と違うのはタモリが付した序文だろう。この文章がいわゆる「美学」なのだ。坂道とは何か。彼はそれをキルケゴールの思想になぞらえて自由を語る。「高い断崖の上に立って下を見る時、自分はここから飛び降りると確実に死ぬと予想できる。飛び降りる、降りないかは自分の意志の自由による。だから自由とは不安であると」。坂道の美学、それはタモリの人生につながっている。

私はもともと埼玉に住んでいたため、ほとんど坂道と縁がなかった。田園の広がるなだらかな平地に暮らし、変わり映えのしない日々が坦々と過ぎ去る。そこまで言ってしまうと平地の人間を卑下しているようにもとられてしまうが、実感として確かにそんな雰囲気がある。

ただ私に坂道体験が全くないわけではない。父方の田舎である新潟には、海沿いに少々急勾配の高台がある。特に夏の景色が印象に残っている。古びたコンクリートの階段を上り、潮風にさらされて錆付いた標識の脇を通りすがる。急な坂を上ると自然とあごが上がる。その勢いで見上げると、一色塗りのアクリルの青が距離をなし崩しにして迫ってくるようだ。昼下がりの町並みに人の気配はない。振り返ると海が見える。空より深い青の水平線に、佐渡の影がうっすらと顔を出す――。

この坂道は、タモリが定義するような由緒もないし、江戸の風情があるはずもない。だが、坂道に対するタモリの心境には、どこか共感する部分があるのも事実だ。東京に住んで6年(といっても八王子だが)、実はほとんどこの地について何も知らないに等しい。この本を片手に、坂道を探して歩いてみたくなった。
[PR]
by jaro050 | 2004-12-29 21:26 | 雑記

垂直

b0041761_23461158.jpg


真っ青な歩道橋。ポールが車を阻んでいる。
[PR]
by jaro050 | 2004-12-25 23:44 | 雑記

イネ科ススキ属。在来種。

b0041761_1839534.jpg


冬の日差しは結構強い。
そして東京の奥地は未だに未開。
ススキが陽光を受けて輝いてました。
[PR]
by jaro050 | 2004-12-25 18:44 | 雑記

図書館の書籍をweb上で閲覧できる?

今月14日、Googleが米英7図書館と提携して、各図書館が所蔵している書籍をGoogleで検索・閲覧できるサービスを始める、と発表した。このニュースに私は驚いた。短絡的にではあるが、もしかしたらもう図書館に出向かなくても書籍を読むことができるかもしれない、と思ったからだ。

もちろんこのサービスに様々な制約があることは明らかである。まず図書館が所蔵する書籍は「出版物」としてのものであり、版権その他まで保有しているわけではない。大学図書館などは研究上の理由からコピーは1ページにつき1枚、一冊につきページ数の半分程度と原則的に決まっている(実際のところ、これを守るかは個人の裁量に任される場合が多い)。

Googleが対象としているのは、絶版等版権が切れたもの、版権があるものは出版社と掛け合ってその一部を公開する、といったものだ。やはりそうそうweb上ですべてのページを閲覧することはかなわないようだ。

しかし単語の全文検索に関してはある程度実行に移されはじめている。すでに提携企業一つである米Amazon.comでは、新会社A9をたちあげ、全文検索ツール「Search Inside the Book」を10月半ばから開始している。例えば前にこのブログで取り上げた「mise en abyme」を検索すると、書籍中にこの単語が含まれるページが表示される仕組みだ(下図参照)。これが図書館に所蔵されている書籍に拡大するとすれば、閲覧は少し先だとしても、本の選定にわざわざ図書館まで出向いて確認する手間が省けることになる。

おそらく認知度が上がれば、課金制度を設けた上で全文閲覧がweb上でできる時代が来るのは意外に早いかもしれない。

b0041761_143163.jpg
b0041761_144254.jpg
b0041761_14514.jpg

[PR]
by jaro050 | 2004-12-17 00:44 | 時事

光と影、聖母と怪物

b0041761_2205723.jpg


たしか少し前に横浜美術館の雪山行二さんがこのダヴィンチの《聖アンナと聖母子と洗礼者聖ヨハネ》の話をしていた。ロンドン・ナショナルギャラリーにあるこの木炭画は、老朽化で光を避けるため、薄暗い室内に展示されているのだという。この暗さがもとで、キリストが聖母の右腕から生え、また聖母の隣にいる聖アンナが聖母の裏の顔として、双頭の怪物のように見えたそうだ。

この画像はおそらく実際に見るよりもかなり明るく明瞭になっていると思うが、それでも言われてみれば腕からキリストを生やす双頭人である。聖アンナは他の人物に比べて陰影が濃すぎるために、まるで悪魔のようだ。制作当時は違ったのかもしれないが、私たちは現在の状態でこの木版画を受け取っている。この聖母子と聖人たちは、今では神話に登場する異形のものの片鱗を見せ始めているのだろうか?なんとも正邪両面を映す意味深な作品である。
[PR]
by jaro050 | 2004-12-14 22:26 | 美術寸評

「ナルニア国ものがたり」が映画化

b0041761_4392823.jpg

『ナルニア国ものがたり』が映画化されるそうですよ。
配給元はディズニー。全七巻あるお話の中で、
まず『ライオンと魔女』から映画化されるそうです。
そうなると、一冊ずつ7作作るつもりなのかな。

C.S.ルイスのこのファンタジーはトールキンの『指輪物語』と並ぶ著名な作品で、全世界で8000万部以上を売り上げているという。
しかしなぜ今まで映画化されなかったのか、というと、
どうやら登場する種族があまりにも多く、
映画化がもっとも困難であると言われていたらしい。

まあ『ロード・オブ・ザ・リング』もかなり大掛かりなものだったけど何とか映画化されたし、ディズニーの援護があれば、ということなんだろう。

現在順調に撮影が進んでいるそうで、クランクアップも年内に行われるという。上映はおそらく来年の12月で、日本での公開は06年の3月ごろだそうだ。期待できそうな映画だけど、監督は『シュレック』の指揮を執った人らしい。大丈夫か?
[PR]
by jaro050 | 2004-12-08 04:48 | 雑記