<   2005年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

1889――時代の交錯

ヒトラーとチャップリンが同じ年に生まれた、という事実は結構知られている。二人の人生を比較したときには、必ずといっていいほど登場する。

たいてい同じ年の出生を指摘したところでなんら二人には関係ないことだし、「同世代」ということだけを踏まえれば済む話である。過剰に憶測を飛ばす巷の「与太話」の域を出ない。

だがこれにハイデガーも付け加えると、何か意味ありげな色を帯びてくる。少し前までハイデガーのナチス加担が問題となっていたからだ。さらにこの1889年という年が第四回万国博覧会の開催、エッフェル塔完成、第二インターナショナル結成、東の方では大日本帝国憲法発布と重なると、もうなんだか無視できなくなってくる。

確かに1889年は「豊作」の年だったことは事実かもしれない。列記するだけでも、20世紀を代表する(してしまう)人々が名を連ねている。

1月4日   夢野久作(作家)
1月18日  石原莞爾(軍人)
2月18日  奥村土牛(画家)
3月1日   岡本 かの子(作家)
3月1日   和辻哲郎(哲学者)
3月7日   堤 康次郎(西武グループ創設者)
3月21日  柳 宗悦(思想家)
4月14日  アーノルド=ジョセフ=トインビー (歴史学者)
4月16日  チャールズ=チャップリン(俳優)
4月20日  アドルフ=ヒトラー(政治家)
4月26日  ルートヴィッヒ=ウィトゲンシュタイン(哲学者)
7月5日   ジャン=コクトー(詩人・劇作家)
8月1日   室生 犀星(詩人)
9月23日  ウォルター=リップマン(政治評論家)
9月26日  マルティン=ハイデガー(哲学者)
11月20日  エドウィン=ハッブル(天文学者)

1889年、激動の世紀末。この時代の変遷を示す年に、やがて20世紀の動向を担う人々を輩出した。そういった意味で、魅惑に満ちた年である。

(ちなみにアニメ『不思議の海のナディア』はこの年のパリから始まります。)
[PR]
by jaro050 | 2005-05-12 22:30 | 歴史

怪獣使いと少年

幼い頃、私はウルトラマンの再放送を見たいがために毎週朝5時に起きてテレビにかじりついていた時期があった。ハマると生活をそれ一色にしてしまう癖が昔からあったけれど、ウルトラマンはこの癖がついたきっかけだったように思う。

「帰ってきたウルトラマン」、私が最初に見たウルトラマンは、初代ではなく、セブンでもなく、「帰マン」だった。再来した怪獣ブームを期に制作された第二期ウルトラマンシリーズの最初の作品だったが、物語は第一期に比べて人間がテーマとなっていて、制作当時のリアルな状況を少なからず反映していたようだ。

工場建設が進む時代に「自然の怒り」の象徴として登場する怪獣たち。ウルトラ警備隊、通称「MAT」は国連の一組織で、日本支部のメンバーの多くは旧日本軍の軍人たちという設定。今ならそれだけでもかなり問題になるだろう。実際MATは日本政府からその存在を疑問視され、怪獣退治に失敗するたびに「解散」をほのめかされていた。(この作品が制作されたのは1971年。学生闘争が収束していく過程であることは今では印象的に映る)

もちろん私はそんなことは気にもとめないで、ただ怪獣とウルトラマンの戦いをまるで水戸黄門の印籠のように待ち望んでいたのだが。

最近この「帰ってきたウルトラマン」、特に「怪獣使いと少年」という話が私の周りで話題に上って、懐かしさからDVDを借りて見てみることにした。過去の思い出とは裏腹に、こんなにエグイ表現もするのか、と驚いてしまった。それはこの第33話がとりわけ問題作だったからかもしれない。俗に「11月の傑作群」と呼ばれる31話から34話までの4話は、ストーリー、映像ともに「ウルトラ」のファンたちに注目されていたらしい。

ではなぜ問題作とされたのか。それは被差別部落や身障者を迫害してしまう人間模様を、宇宙人や怪獣といった「部外者」にからめて物語を作り上げているからだ。



この「怪獣使いと少年」の話をおって説明していこう。

b0041761_1451243.jpg


「怪獣使いと少年」のあらすじ
[PR]
by jaro050 | 2005-05-08 14:40

エイヤ=リーサ・アハティラ ―物語と映画

物語はラプラスの悪魔を呼び寄せる。
厳密に構成された物語であればあるほど、そうである。

ラプラスの悪魔――それは全ての物理法則を把握し、あらゆる物質の量、運動を瞬時に計算しつくしてしまう魔力を持っている。この悪魔の視点に立てば、宇宙の動静を過不足なく予知することができるという。いわば古典物理学が生み出した予定調和の神である。

ときに物語は初まりと終わりの構造を持っている。物語である以上、この構造抜きにしては成立し得ないとさえ言っても問題はないだろう。さらに「よい物語」とは、始まりからすでにいくつかの意味を内包しつつ、予言的にフィナーレに向かって高潮していく形を有している、と誰もが一度は思い描くはずだ。「なに一つとして無意味な描写は存在しない」と。物語作者は物語を組み立てる作業において、言葉や文字が象徴的に機能するように選択し、筋書きに組み込んでゆく。そのとき物語作者は、ラプラスの悪魔の住処を知らず知らずに建てているのである。

―――――――――――――――――――

前置きが長くなってしまったが、先日森美術館の「ストーリーテラーズ」展に出品されていたエイヤ=リーサ・アハティラの映画は、そんな閉塞した「大きな物語」の構造に亀裂を入れる手法をこころみていたように感じられた。「物語」というテーマで集められたこの展覧会の出品作家(特に映像作家)の多くが「円環する物語」を描いていただけに、彼女の存在がひときわ目立っていたように思えたのだ。彼女は物語の構造にマルチヴィジョンという不確定原理を組み込むことで、ラプラスの悪魔に抵抗している。

b0041761_18285159.jpg

[エイヤ=リーサ・アハティラ《コンソレーション・サービス》 1999年]

続きを読む
[PR]
by jaro050 | 2005-05-04 18:38 | 展覧会報