<   2007年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

情(アフェクト)と動物

自分の動物は自分にとって情なのだと、誰もが思っている。おそらく、自分が愛されていると信じるのは気持のいい――必要な?――ことだろう。
けれどもちょっと考えてみれば、あなたがそれ自体として、あなた自身ゆえに愛されているのではないことがわかるはずだ。

動物において情の対象になっているのは、
あなたの立場なのであって、
あなたのプシュケ(心・魂)ではない。

ロラン・バルト「1979年2月10日の講義」より




言いえて妙ですが、バルトはその後「情的なものと愛情深いものを区別すること」と言っています。動物への愛情ではなく、動物に備わった情それ自体としての、という意味で。
立場への情かもしれない、ただ、それでも人は動物と共に生きている。
[PR]
by jaro050 | 2007-03-06 00:17