マティス展

b0041761_22475323.jpg昨日マティス展に行ってきました。詳しくは後で書こうと思いますが、切り絵や制作過程の写真を見ると、いかにマティスがフォルムにこだわって制作していたのかが分かります。知り合いの方が言っていたように、たしかに近年まれにみる意欲的な展覧会だと感じました。四つ並んだ巨大な彫刻もよかったなぁ。特に秀逸なのが展覧会カタログ。非常に詳細で、このカタログを読んだ後にもう一度展覧会に行ってみたくなりました。さてそんな暇があるかどうか微妙なところですが、フォルムに対するマチエール(画肌)の問題はどのように捉えられていたのかが知りたいところです。
[PR]
# by jaro050 | 2004-10-11 22:54 | 展覧会報

デリダ訃報

b0041761_17514024.jpgパリ——フランス公共ラジオは9日、フランスの哲学者ジャック・デリダ氏が8日に膵臓(すいぞう)ガンのためパリ市内の病院で死去したと伝えた。74歳だった。
デリダ氏はポスト構造主義の代表的哲学者として、第2次世界大戦後の思想界に大きな影響を与えた。中でも「脱構築」と呼ばれる分析法では、文学などの表面的な「テキスト」をいったん言語学的に解体し、作者自身も気づいていない多重な意味を読みとる解読法を提唱した。
デリダ氏は1930年7月、アルジェリア生まれ。高等師範学校の哲学科出身で、1960〜64年にかけてソルボンヌ大学で哲学を教えた。70年代以降は米国での活動を増やし、ジョンズホンプキンス大やエール大学などで教鞭をとった。
(CNN Japanより抜粋)

デリダが亡くなった。美術の分野においても多大な影響力を誇ったこの哲学者の訃報は、フランス哲学の覇権の終焉を意味しているのだろうか。フーコー、ドゥルーズ、ガタリ、リオタールと続き、デリダまでが亡くなったとなれば、もはや哲学者と呼べる人は数少なくなってしまったように思われる(少なくとも日本で影響力のあるフランスの哲学者としては)。911では長年の論争相手のハーバーマスと共闘したり、まだまだ精力的な活動をしているかと思っていたのに、残念。お悔やみ申し上げます。合掌。

美術の分野で知られる彼の著作は、『絵画における真理』(特に「パレルゴン」の思想として)、先鋭なるアルトー論『基底材を猛り狂わせる』、最近出版された『コーラ −プラトンの場』、さらに主著『エクリチュールと差異』、『グラマトロジーについて』など多数。

ところでレヴィ・ストロースが存命なのはあまり知られていない。現在96歳ぐらいだろうか。ちょっと勇気が出る話。
[PR]
# by jaro050 | 2004-10-11 17:52 | 時事

クリヴェッリの喜劇

b0041761_6182753.jpgカルロ・クリヴェッリ(1430(35)頃〜95)はルネサンス期、ヴェネツィア派の異色画家として知られる。金属質な人物像に加え、空間は全て厳格な一点透視法を用いて描かれている。ミケランジェロを頂点として発展史的美術の系譜を位置づけたヴァザーリにおいても、クリヴェッリに対する扱いは「例外」として歴史の柵の外側におかれている。

この《聖エミディウスを伴う受胎告知 The Annunciation with Saint Emidius》においても、厳格な一点透視法は貫かれている。左の通りに跪いている天使はガブリエルであり、その隣にいる人物が聖エミディウスのようである。ガブリエルが持つ花は百合(純潔)、永遠を示す孔雀、平和を示す鳩、さらに神からの受胎を示す光線など、一般的な受胎告知の象徴形式をとっているのだが、異様なのはそのあまりに明瞭な空間である。一見厳密に一点透視法を用いているかに見えるこの空間は、受胎告知の際の天からの一筋の光線によって、パースペクティヴは一気に混乱に陥ってしまっている。

ひとつの仮説を立ててみたい。透視図法はルネサンスを起源として始まる、と一般に言われているが、その起源は人物を斜めから捉えはじめた古代ギリシャに遡ることができる。それ以前にはエジプトのレリーフに典型的な正面性、もしくは側面性で形体は描かれていたのだが、紀元前5世紀あたりを境に徐々に斜めの構図が登場しだした。この発展は線遠近法による理論的技法ではなかったものの、その萌芽と呼べるものが芽生えだしたのは事実である。だがキリスト教が普及しだす中世になると、すでにスキアグラフィア(陰影法)すら獲得していた絵画技法が平面性の方向へ向かい出す。キリスト教の普遍への志向は現世の移ろいゆく仮象を排するかのごとく、かつての正面性と側面性を復活させた。おそらくそれは教義としての偶像否定と民衆普及との間の妥協的産物だったのかもしれない。いずれにせよ、正面・側面性は宗教的意味合いを付与され、数百年に渡って描かれ続けることになった。

時は下りルネサンスの時代が訪れ、ギリシャの遠近法は復活を遂げる。依然として宗教的主題が中心ではあるものの、その描法は科学的技術を取り入れ、かくて移ろいゆく自然の再現技術が確立されたのである。このクリヴェッリの絵画は、描かれているあらゆる構造物がアーチの奥にいる人物を中心点とした一点透視法によって支配されている。それは人間の認識を図解的に統制するかのような作業である。だがこの現世の構造に対して天上から差し込む一条の光は、最後部から発せられているにもかかわらず、線の幅がほぼ一定である(いや、むしろマリアに向かって収束している)ために、この図像を平面へと押し戻している。

我々は今や、神の受胎告知によって象徴的な平面性へと引き戻されている。よくよく見れば、天使ガブリエルの顔はほぼ側面をむき、その存在をレリーフのごとく硬直させていることに気がつく。この平面性はマリアのいる部屋の柱の面をもって頂点に達するのであるが、ここで第二の転換を余儀なくされる。というのも、レリーフが刻み込まれた柱の根本には、明らかにこの柱の見え方とは視点の違うリンゴが強調点のように置かれているのである。このリンゴの位置関係から推測すると、通りにひかれた遠近法の構図に従属しているのがわかる。それは天使が告げる受胎告知の宗教的情景を、再び現世へと連れ戻す「追放」の装置であるのだ。そして視線をとなりに移せば、最前面にはみ出した瓜によってこの情景そのものが舞台上の一場面であったこと、我々は観客で、ガブリエルもマリアも一役者であったことが判明する。

あまりにも理論的すぎる線遠近法は、ゲシュタルト心理学や認知心理学が証明しているように、我々の視覚像が形成する図像との補いがたい溝を作ってしまっている。それ故この演目は、実際にこの場で起きているのではなく、我々の認識の上でのみ演じられる舞台を示しており、観客は表面と奥行きの円環状の振幅にめまいを起こす。この絵画が避けがたい違和を生み出しているのは、そうした観念上の出来事を絵画という平面に移し替えたために起こった眼差しの捻れによるのではないだろうか。出口なき回転扉の喜劇は果てしなく続く・・・。
[PR]
# by jaro050 | 2004-10-10 06:24 | 美術寸評

引越

livedoorの劣悪な環境からこちらへ移りました。
タイトルも少々変更。いや、とりあえず「仮称」で。
投稿者の名前はそのままです。
まだ移っただけで何もしてませんけど、
徐々に内装を変えてみたいと思います。
(うわぁ〜なんだこの装飾は・・・
 ちょっと面白いので数日このままに。)

ちなみに昔のブログはしばらくそのままにしておきます。
http://blog.livedoor.jp/sa050k/

今までお世話になった皆様、今後ともよろしくお願いします。

                         ジャロ
[PR]
# by jaro050 | 2004-10-10 05:32 | その他